カジノゲームは非常に多種類なゲームがあるから飽きずに続けられる!

山積みのチップとノートパソコン

カジノゲームの中でもシンプルなバカラのルール

プレイ中

近頃オンラインカジノが注目されていて、自宅でもカジノゲームを楽しむことができます。オンラインカジノでは定番のカジノゲームが導入されている事が多いです。カジノゲームの中でも特にシンプルなのがバカラですが、正しいルールや流れを確認しておきましょう。

バカラはバンカーとプレイヤーの2人が勝負し、どちらが勝つかを当てるカードゲームです。実際にはバンカーとプレイヤーがいると見立て、ディーラーが作業します。

まず、バンカーかプレイヤーどちらかにチップを賭けます。ディーラーがストップするまでは好きなように賭けたり、賭けたチップを移動することができます。

他にも引き分けのタイや、同じ数字が2枚揃うペア等の賭け方もありますが、勝率が低いのでほとんど使われません。

賭け終わったら、双方にカードが配られ、その数字の合計の下一桁が9に近い方が勝ちとなります。

特殊な数え方として、10、J、Q、Kは10と数え、Aは1と数えます。

プレイヤーは最初の2枚の合計が5以下の場合に3枚目を引きます。バンカーは合計が6以下で、プレイヤーより少ない場合に3枚目を引きます。その為、バンカーの方が勝率が高いです。

基本的に勝てば2倍になり、スピード感があるゲームの為、VIPなどのハイローラーも好んでプレイするゲームです。

ブラックジャックのルールを知ってカジノゲームを更に楽しもう

話題のオンラインカジノを始める人も増えていますが、カジノゲームのルールを知っていますか?

カジノゲームの定番であるブラックジャックであれば、カードを追加するヒットや、追加しないスタンド、賭け金を2倍にするダブルダウンは有名ですが、他にも様々なルールがあります。

例えばスプリットといって、最初に配られたカードが同じ数字の場合、手札を分割して、それぞれの手札にカードの追加ができるルールがあります。

また、最初に2枚のカードが配られた時点で、負けを認めるサレンダーがあります。サレンダーすると、賭け金の半分が返ってきます。

他に、ディーラーの表向きのカードがAの場合、ディーラーがブラックジャックの21になるかどうかに、賭け金の半分を賭けることができます。これがインシュアランスです。ディーラーがブラックジャックでプレイヤーが負けても、インシュアランスで賭けた2倍の配当が得られ、負け分をカバーできます。しかし、ディーラーがブラックジャックでなければ、インシュアランスの賭け分は没収になり、さらにゲームに負けると損害が大きくなります。

カジノゲームのルールに詳しくなれば、オンラインカジノをさらに楽しめるでしょう。

カジノゲームの定番ブラックジャックの基本ルール

最近ではオンラインカジノを始める人も多いですが、オンラインカジノではたくさんのカジノゲームをプレイすることができます。

中でも人気のカジノゲームであるブラックジャックの基本的なルールをご紹介します。

ブラックジャックはディーラーとプレイヤーが、手札にカードを追加して、合計を21に近づけた方が勝ちというカジノゲームです。

カードの数え方は、10、J、Q、Kの絵札はすべて10と数え、Aは1とも11とも数えることができます。それ以外のカードはすべて数字通りの数え方になります。

もしヒットといって手札にカードを追加した結果、21を超えてしまうと負けになります。これをバーストと呼びます。

合計が21を超えそうになったら、スタンドといって追加をやめることができます。

もし勝てる見込みが高ければ、ダブルダウンといって、賭けた金額を倍にし、カードを追加することもできます。ただし、ダブルダウンをするとそれ以降はカードの追加ができません。

ディーラーとプレイヤー両方がバーストすると、ディーラーの勝ちになります。

双方のカードの合計が同じ数字だった場合は引き分けになります。ただし、双方21になった場合は、手札の枚数が少ない方の勝ちとなります。

ルールを覚えたら、オンラインカジノでプレイしてみましょう。

気軽にブラックジャックを楽しめるカジノゲームをお探しなら【188BET】はいかがでしょうか。日本人でもスムーズにカジノゲームを始めることができるようになっているので、お手軽に様々なゲームを楽しめます。

LATEST POST